須磨離宮公園に行ってきました。

20110503GWの真っ最中、3日の午後に娘の「お歌の発表会」があると言うことで、渋滞がどんな酷いことになっているか恐る恐る大阪まで出かけました。

ナビで見ていると、いつも気になる場所があります。「須磨離宮公園って、どんな所?一度行ってみたいなぁ」と言うことで、渋滞を上手くパスしたので行ってみる事になり、須磨ICを降りました。駐車場は直ぐです。

駐車場はいっぱいあるのになかなか入れません。障害者は入場無料で、駐車場代500円のみでした。緑に囲まれた坂道を抜けると、そこは、見たことはないけどベルサイユ宮殿のようでした。

20110503_1霧がかかっていて、いつもは見える海を見ることは出来ませんでしたが、レストランからはマリーアントワネットの気分でゴージャスな庭を眺めることが出来ました。

食事もリーズナブルでおいしかったです。がんもを梅で煮たと言うことでしたが、すっぱい匂いで、一瞬腐っていると勘違いしました。

庭園には、梅の実が沢山実っていました。それで煮たのかも。レストランの2階では、蝶々の展示会もありました。昔、追っかけた蝶々がたくさん出迎えてくれました。珍しい蝶々もあり、久しぶりに童心に返りました。  

王侯貴族のバラ園の薔薇はまだつぼみで、5月中旬には満開になるようでした。その頃にまた行ってみたいけど、今年は諦めることにします。

20110503_2 須磨離宮の生い立ちは、現在の天皇陛下、今上天皇のご成婚記念に整備が始まったそうで、私たちと丁度同じ年齢でした。季節の草花がいたるところに咲いており、今はボタンが見ごろでした。春には桜、夏には紫陽花や睡蓮、秋にはもみじ、冬には梅がいっぱいになるようで、何度も訪れたい公園になりました。

草花の名前のクイズなどもあって、楽しみながら散歩ができます。ホオノキって、ご存知ですか?飛騨などに行くと名物の朴葉味噌の料理があります。茂っているところを見たことがなかったのですが、本当にでっかい葉で驚きました。すがすがしいというか、何か凄く好きになってしまい、思わず写メってしまいました。

 また皆さんも、関西に行くことがあれば、少し寄り道してみませんか?  

この記事に「いいね!」をお願いします。

コメントは受け付けていません。